See how Capacitor fits into the entire Ionic Ecosystem ->
Capacitor is part of the Ionic Ecosystem ->

Cordova Plugins と Ionic Native を使う

Capacitor を使ったアプリを開発するとき、Cordova と Ionic Native の両方のプラグインを使うことができます。

Cordova Plugins のインストール

選択したプラグインをインストールし、プロジェクトを同期し、必要な Native プロジェクト構成を完了するだけで、次の作業を開始できます:

npm install cordova-plugin-name
npx cap sync

Cordova Plugins のアップデート

インストール手順と同様です。cordova プラグインを最新バージョンにアップデートするだけで、変更が反映されます。

npm install cordova-plugin-name@latest
npx cap update

If you don’t want to risk to introduce breaking changes, use npm update cordova-plugin-name instead of @latest as update respects semver.

Ionic Native Plugins のインストール

Ionic Native は、Cordova プラグインを使用した開発を容易にするために、TypeScript ラッパーと一貫した API および命名規則を提供します。これは Capacitor でサポートされているので、使いたい Ionic Native ラッパーが見つかったら、JavaScript コードをインストールし、対応する Cordova プラグインをインストールし、プロジェクトを同期させます:

npm install @ionic-native/javascript-package-name
npm install cordova-plugin-name
npx cap sync

Ionic Native Plugins のアップデート

インストール手順に従います。Ionic Native JavaScript ライブラリを更新し、Cordova プラグインを削除してから再追加し、プロジェクトを更新します。

npm install @ionic-native/javascript-package-name@latest
npm install cordova-plugin-name@latest
npx cap update

If you don’t want to risk to introduce breaking changes, use npm update cordova-plugin-name instead of @latest.

Determining Installed Plugin Version

See the list of Capacitor and Cordova plugins (and their exact version numbers) installed in your project with:

npx cap ls

重要: 設定方法

Capacitor は Cordova のインストール変数、自動設定、フックをサポートしていません。これは Native プロジェクトのソースコード(フックのようなものが不要であることを意味する)をコントロールできるようにするという哲学によるものです。プラグインで変数や設定を設定する必要がある場合は、プラグインとplugin.xml間をマッピングして、これらの設定を手動で適用する必要があります。これは、iOS と Android で必要な設定です。

各プラットフォームの設定方法については iOSAndroid の構成ガイドを参照してください。

非互換の課題

Cordova プラグインの中には、Capacitor で動作しないものや、競合する代替品を提供するものがあります。 非互換のリストについて詳しく知りたい場合はこちらをご覧ください

Previous
<- Capacitor へのマイグレーション
Next
既知の非互換プラグイン ->
Contribute ->