Ionic Launch Event. September 28th 2021.

DocsプラグインCLI

Capacitor: Web アプリをクロスプラットフォーム化する Native ライブラリ

Capacitor は、iOS、Android、Web 上でネイティブに動作する最新の Web アプリケーションを簡単に構築することができるクロスプラットフォームのネイティブライブラリです。ハイブリッドアプリの次の進化を象徴する Capacitor は、Web Native appsを作成し、必要に応じてネイティブ SDK への完全なアクセスを犠牲にすることなく、Web ファーストで構築したいチームに、最新のネイティブコンテナアプローチを提供します。

紹介

Capacitor は、Web に焦点を合わせた一貫した API のセットを提供します。これにより、アプリが Web 標準にできるだけ近づきながら、それらをサポートするプラットフォーム上の豊富な Native デバイス機能にアクセスできます。Native 機能の追加は、iOS の Swift、Android の Java、Web の JavaScript のシンプルなプラグイン API で簡単に行えます。

Capacitor は、 Apache CordovaAdobe PhoneGap のコンセプトを継いでおり、 React NativeTurbolinks などの他の人気のあるクロスプラットフォームツールからインスピレーションを得ていますが、最新のウェブアプリをすべての主要なプラットフォームで簡単に実行できるようにすることに完全に焦点を当てています。コンデンサーは多くの既存の Cordova プラグイン と下位互換性があります。

はじめ方

Capacitor を使い始めるのは簡単です!Capacitor は、既存の最新の JavaScript プロジェクトに組み込むことも、新しい Capacitor プロジェクトをゼロから作成することもできます。

インストールガイドに従って、アプリの構築を開始してください。

Next
環境設定 ->
Contribute ->