See how Capacitor fits into the entire Ionic Ecosystem ->

Capacitorの必要な依存関係

Capacitorは、対象とするプラットフォームや開発対象のオペレーティング・システムに応じて、さまざまな依存関係があります。

要件

基本要件は、 Node v8.6.0 or later および NPM version 5.6.0 or later です(これは通常、必要なバージョンのNodeとともに自動的にインストールされます)。

Capacitor は yarn をサポートしています。

特定のプラットフォームでは、以下の各ガイドに従って正しい依存関係がインストールされていることを確認してください。

iOS開発

iOSアプリをビルドするには、Capacitorは Xcode 11以上をインストールしたMacが必要です. または、[Ionic Appflow] (http://ionicframework.com/appflow)を使ってWindowsであってもiOS用にビルドできます。

さらに、 CocoaPods (sudo gem install cocoapods)と Xcode Command Line tools ツール(Xcodeから実行するか、 xcode-select --install)をインストールする必要があります。

最新のCapacitorは最新のiOSバージョンをサポートします。

Capacitor 2.0 は iOS 11以上をサポートします。

CapacitorはWKWebViewを使用します。

Android開発

Android開発には、Android Studio にインストールされた Android SDK が必要です。技術的には、Android CLIツールだけを使ってアプリをビルドしたり実行したりできますが、アプリのビルドや実行がずっと簡単になるので、Android Studioを使うことを強くお勧めします。

CapacitorのAndroidバージョンのサポートはiOSよりも複雑です。現在、APIレベル21以上、つまりAndroid 5.0(ロリポップ)以上をターゲットにしています。May 2019時点で、Android市場の89%以上を占めています。

また、CapacitorにはChromeバージョン50以降のAndroid WebViewが必要です。Android 5と6では、CapacitorはSystem WebView.使います。Android 7+ではGoogle Chromeが使われています。

Contributors

BackNext