See how Capacitor fits into the entire Ionic Ecosystem ->

Capacitor iOSプロジェクトのアップデート

アプリで使用しているCapacitorのバージョンを更新したり、iOSコードベース内でCapacitorとやり取りする新しい方法を使用して(新しいiOS APIの変更など)、CapacitorのiOSアプリを更新する必要がある場合があります。

Capacitor iOS ライブラリのアップデート

あなたのアプリで使ってる @capacitor/ios のバージョンをあげる場合、npmで最新版をインストール必要があります:

npm install @capacitor/ios@latest

そしてNativeプロジェクトと同期します:

npx cap sync ios

iOS プロジェクトのアップデート

Xcodeプロジェクトのベース構造を更新するには、Capacitorリポジトリで、Capacitorの最新の安定リリースに対応するタグの下にある ios-template プロジェクトを参照してください。コアプロジェクトは意図的にシンプルに保たれているため、コアプロジェクトやプロジェクトとの違いを確認するのにそれほど時間はかからないはずです。

特に AppDelegate.swift は、iOSイベントに変更がないか定期的にチェックされるべきです。

From 1.0.0 to 1.1.0

Recommended change:

  • Update .gitignore file inside ios folder with this changes

From <= 1.5.1 to 2.0.0

Recommended change:

  • Update native project to Swift 5

    Capacitor 2.0 uses Swift 5, it's recommended to update your native project to also use Swift 5. To do so, from Xcode click Edit -> Convert -> To Current Swift Syntax.

    App.app will appear selected, click Next button.

    Then a message will say No source changes necessary.

    Finally, click the Update button.

For API changes, check the Release Notes.

Contributors

BackNext