Ionic Meetup
#19 Tokyo

最新の情報を手に入れよう。2022/05/29(日)、東京開催。

DocsプラグインCLI

マイグレーション戦略

Cordova から Capacitor への移行は、occur over time、もしくは多くの場合完全に置き換えることができます。この作業はアプリの複雑さに大きく依存します。

なぜマイグレーションしますか?

長期間に渡る安定性と安心感を得るためです。

Capacitor は、Ionic が支えており, Ionic は長期に渡って、Cordova とより大きなオープンソースのエコシステムのコントリビューターです。Ionic はまだ Cordova を多用しており、今後も長い間プラットフォームに投資していきます。

Cordova との下位互換性もあるので、既存のウェブアプリをいつでも簡単に切り替えることができます。Capacitor は Cordova プラグインのエコシステムをサポートできるように最初から設計されました。したがって、Cordova プラグインを Capacitor で使用するのは簡単です。

なぜ Ionic で Capacitor を使いますか?

Ionic と Capacitor を一緒に使うことは、Ionic Framework が Capacitor にはない UI と UX の拡張を提供するので、最高のアプリ エクスペリエンスを構築する方法です。また、Angular、React、Vue など、お気に入りのウェブアプリのフレームワークでも動作します。

Capacitor のリリースにより、Ionic はそのスタックのほぼすべてをコントロールするようになった。今日 Ionic アプリを構築すると、Native ランタイムレイヤ(Capacitor)、UI コントロール(Ionic Framework)、コントロールの構築に使用する”Framework”(Stencilを利用した Web コンポーネント)をコントロールできるようになります。重要なのは、私たちが管理しているスタックのどこかに問題があれば、すぐに修正できるということです。私たちがコントロールできない唯一の部分は、あなたが一番上で使うフロントエンドフレームワークです(Angular、React、Vue、またはプレーンの JavaScript)。

マイグレーションプロセスの概要

Utilize the Ionic VS Code Extension

The Ionic VS Code Extension provides tools to help assist your migration from Cordova to Capacitor by installing Capacitor’s dependencies, replacing equivalent plugins, and more. It is a helpful tool that will automate much of the process of moving to Capacitor.

既存の Cordova プラグインの監査と移行

まず、既存の Cordova プラグインの監査を行います。不要になったプラグインは削除できる可能性があります。

次に、Capacitor の official pluginscommunity plugins の全てを確認します。その結果、Capacitor と同等の Cordova プラグインに変更できる可能性があります。

プラグインによっては機能が完全に一致しないものもありますが、必要な機能を考えれば問題ないでしょう。

C 必要に応じて Cordova や Ionic Native を使い続ける

Cordova や Ionic Native のプラグインを Capacitor アプリで活用するには、 こちら を参照してください。代替プラグインが存在しない場合は、Cordova プラグインをそのまま使用してください。もし、サポートしてほしいプラグインがあれば、 plugin proposal を公開してください。

Capacitor への移行の準備はできましたか?

Previous
<- 概要
Next
Cordova から Capacitor へのマイグレーション ->
Contribute ->