A one day, single-track online event celebrating the future of cross-platform app development

DocsプラグインCLI

iOS の設定

Info.plist を設定する

iOS 開発者は、自分のアプリの主な設定ファイルである Info.plist ファイルを使いこなすことに慣れておくべきです。このファイルは、Capacitor プラグインが必要とする可能性のある新しい設定、アプリの追加設定、およびアプリが要求する権限のために頻繁に更新されます。

これを修正するには、 Xcode でプロジェクトを開きAppプロジェクトとAppターゲットを選択し、Infoタブをクリックします。

Xcode info editor

テーブル上で右クリックして、コンテキストメニューのRaw Keys & Valuesをチェックすると、真のキー名を表示することができます。

また、手動で ios/App/App/Info.plist ファイルを開いて編集し、生のキーを調べることもできます。可能なキーのリストについては、 this reference documentation をご利用ください。

パーミッションの管理

iOS のパーミッションは、Android のように明示的に指定する必要はありません。しかし、iOS では Info.plist に “Usage Descriptions” を定義する必要があります。これらの設定は、特定のデバイス API に対するパーミッションが要求されたときに、エンドユーザに提示される人間が読める説明です。

アプリに必要となる様々な使用説明の設定を確認するには、Cocoa KeysUsageDescription を含むキーのリストを参照してください。

詳細については、Apple が提供しているResolving the Privacy-Sensitive Data App Rejection のガイドに、使用説明を必要とする API に関する詳細情報が記載されています。

Capabilities の設定

Capabilities は、アプリが必要とする主要な機能を有効にするために使用します。Capacitor のプラグインが必要とするときは、いつでも設定する必要があります。

他の設定オプションや使い方の説明とは異なり、ケイパビリティは Info.plist で設定することはできません。

新しいケイパビリティを追加するには、 Xcode でアプリを開きAppプロジェクトとAppターゲットを選択し、タブバーのSigning & Capabilitiesをクリックして、**+ Capability**ボタンをクリックします。iOS の機能については、 本記事 をご参照ください。

Xcode Capabilities

アプリの名前の変更

App`ディレクトリの名前を変更することはできませんが、Appターゲットの名前を変更することで、アプリの名前を設定することができます。

Appターゲットの名前を変更するには、Xcode でプロジェクトを開きAppプロジェクトを選択して、App**ターゲットをダブルクリックします。

Xcode Target

次に、ios/App/Podfileを開き、ファイルの一番下にある現在のターゲットの名前を変更します:

-target 'App' do
+target 'MyRenamedApp' do
   capacitor_pods
   # Add your Pods here
 end

ディープリンク (別名「ユニバーサルリンク」)

ディープリンクのガイドは、こちらをご覧ください。

Previous
<- はじめかた
Next
カスタムネイティブコード ->
Contribute ->