メインコンテンツまでスキップ
Version: v4

CordovaプラグインとIonic Native

Capacitorを使用するアプリを開発する場合、CordovaとIonic Nativeの両方のプラグインを使用することが可能です。

Cordovaプラグインのインストール

Capacitorプラグインは、通常のパッケージマネージャを使用してインストールされ、その後ネイティブプロジェクトに同期されます(複数可)。CapacitorのCordovaプラグインもインストール方法は同じです。

プラグインをインストールし、同期し、必要なネイティブプロジェクトの設定を完了します(Variables and Hooks を参照)。

npm install cordova-plugin-name
npx cap sync

Cordovaプラグインに Ionic Native ラッパーがある場合、それをインストールすることでTypeScriptにも対応できます:

npm install @ionic-native/plugin-name

Cordova プラグインの更新

普段お使いのパッケージマネージャでプラグインを更新します。そして、更新されたプラグインをネイティブプロジェクトに同期させます。

npm install cordova-plugin-name@version
npx cap sync

インストールされているプラグインのバージョンを確認する

次のコマンドで、プロジェクトにインストールされている Capacitor および Cordova プラグインのリスト (および正確なバージョン番号) を確認します:

npx cap ls

互換性の問題

Capacitor と一部の Cordova プラグインには互換性の問題がある可能性があります。多くの公式 Cordova プラグインは使用しないでください。Capacitor は 代替となる公式プラグイン を提供しています。変数やフックを使用する Cordova プラグインは、部分的に互換性がある場合があります。一部の Cordova プラグインは完全に互換性がありません このリスト を参照してください)。

もし既存の Cordova プラグインに問題を発見した場合は、問題の詳細とプラグイン情報を提供して let us know してください。

変数とフック

Capacitor は Cordova のインストール変数、自動設定、フックをサポートしていません。これは、ネイティブプロジェクトのソースコードをコントロールさせるという我々の哲学によるものです(つまり、フックのようなものは不要です)。プラグインに変数や設定が必要な場合は、プラグインの plugin.xml と iOS や Android で必要な設定を対応させ、手動でそれらの設定を適用する必要があります。

iOSAndroid の設定ガイドで、それぞれのプラットフォームの設定方法について参照してください。

既知の非互換プラグイン

プラグインが競合したり、ビルドの問題を引き起こすことが知られている場合、npx cap syncを実行するときにスキップされます。

以下は、既知の非互換プラグインのリストです。