See how Capacitor fits into the entire Ionic Ecosystem ->
Capacitor is part of the Ionic Ecosystem ->

設定ファイル

Capacitor 構成ファイルは、Capacitor ツールの高レベルオプションを設定するために使用されます。

すべての capacitor.config.json で利用可能な設定オプションの例を紹介します:

{
  // Androidのパッケージ名とiOSのバンドル識別子
  appId: 'com.company.appname',

  // アプリ名
  appName: 'Capacitor Kitchen Sink',

  // 構築したWeb資産のディレクトリを設定します。
  // これは、Native環境でアプリケーションを実行するために使用されるディレクトリです。
  webDir: 'www',

  // JavaScriptのパッケージマネージャーを選択します。npm か yarn かです。
  npmClient: 'npm',

  // Webコードのコピーにcapacitor.jsを使うか、
  // もしくは標準的なtypescript/babel/webpack/rollup workflow.を利用して
  // bundled/importedする必要があります。
  //
  // スタータープロジェクトではこれをtrueにしますが、Ionicや他のフレームワークを使用している場合には、
  // あなたはこれをfalseに設定する必要があります (デフォルトは false)
  bundledWebRuntime: false,

  // Windowsではフルパスを入力しなければ、
  // Android Studioを開くことができません。
  // Android Studioのインストールパスですが、手動で変更することもできます。
  windowsAndroidStudioPath: 'C:Program FilesAndroidAndroid Studio\binstudio64.exe',

  // A Boolean value that determines whether to hide native logs for iOS and Android. The preference is ignored if it's also declared inside ios or android
  // Default is false
  hideLogs: true,

  // Serverオブジェクトには、ポートとURLの設定が含まれます。
  server: {
    // 外部URLをロードするようにアプリをつくることができます(つまりライブリロードです)
    url: 'http://192.168.1.33:8100',
    // ローカルホスト名を設定できますが、
    // navigator.geolocationやMediaDevices.getUserMediaなどの安全なコンテキストを必要とする
    // Web APIを実行できるようにlocalhostを保持することをお勧めします。
    hostname: 'app',
    // 使用されるローカルスキームを設定することができます。
    // これは、iOSのデフォルトのスキームがionicであるcordova-plugin-ionic-webviewから移行する場合に役立ちます。
    iosScheme: 'ionic',
    androidScheme: 'http',
    // 通常、すべての外部URLはブラウザで開かれます。
    // このオプションを設定することで、あなたはCapacitorのWebViewの中でこれらのホストに属するURLを開くようにできます。
    allowNavigation: ['example.org', '*.example.org', '192.0.2.1'],
  },
  // iOS、Android、Electron用のCapacitor WebViewのユーザーエージェント(ios、android、electronオブジェクト内でも宣言されていない場合)
  overrideUserAgent: 'my custom user agent',
  // iOS、Android、およびElectronのCapacitor WebViewの元のユーザーエージェントに追加する文字列。ios、android、またはelectronオブジェクト内でも宣言されている場合を除きます。
  // overrideUserAgentが設定されていない場合のみ有効。
  appendUserAgent: 'string to append',
  // iOSとAndroidのCapacitor WebViewの背景色 (iOSまたはAndroidオブジェクト内でも宣言されていない場合)
  backgroundColor: '#ffffff',
  android: {
    // User agent of Capacitor WebView for Android
    overrideUserAgent: 'my custom user agent for Android',
    // String to append to the original user agent of Capacitor WebView for Android.
    appendUserAgent: 'string to append for Android',
    // Background color of Capacitor WebView for Android only
    backgroundColor: '#ffffff',
    // Androidで、あなたがアプリをremote/testingサーバからhttpsプロトゴルで入手する場合、
    // あなたはmixed content modeを有効にして、WebViewに異なるURLスキーマからロードする必要があります。
    // capacitor-content:// もしくは capacitor-file:// からです。
    allowMixedContent: true,
    // Androidのデフォルトのキーボードでは、JSのキーを正しくキャプチャできません。
    // あなたはこれをtrueにすることで、より簡単なキーボードを使うことができます。
    // このキーボードにはいくつかの問題と制限があることに注意してください。
    captureInput: true,
    // このアプリケーションの任意のWebViewにロードされたWebコンテンツ(HTML / CSS / JavaScript)の
    // デバッグを有効にします。
    // WebView内で実行されているWebレイアウトおよびJavaScriptコードのデバッグを容易にするために、
    // このフラグを有効にすることができます
    webContentsDebuggingEnabled: true,

    // この真偽値はAndroidのNative Logを非表示にするかどうかを設定します。
    // Default は false です
    hideLogs: true,
  },
  ios: {
    // iOSにおけるCapacitor WebViewの背景色
    overrideUserAgent: 'my custom user agent for iOS',
    // iOS用Capacitor WebViewの元のユーザーエージェントに追加する文字列.
    appendUserAgent: 'string to append for iOS',
    // iOSにおけるCapacitor WebViewの背景色を指定
    backgroundColor: '#ffffff',
    // WebViewのUIScrollViewのコンテンツ挿入動作を設定する
    // Default は never
    //  "automatic", "scrollableAxes", "never" と "always" を利用可能です
    // https://developer.apple.com/documentation/uikit/uiscrollview/contentinsetadjustmentbehavior
    contentInset: 'always',
    // Cordovaプラグインを利用するためのSwiftのバージョン。
    // 標準は 5.0
    cordovaSwiftVersion: '4.2',
    // このプロジェクトがサポートするiOSの最低バージョン。
    // デフォルトは、11.0
    minVersion: '11.3',
    // 一部のCordovaプラグインでは、linker flagsを設定する必要があります。
    cordovaLinkerFlags: ['-ObjC'],
    // リンクをタップしたときにプレビューを表示するかどうかを決定する真偽値
    // リンクの行き先
    allowsLinkPreview: false,

    // この真偽値はiOSのNative Logを非表示にするかどうかを設定します。
    // Default は false です
    hideLogs: true,
  },
}
Previous
<- PWA Elements
Next
CLI -> ->
Contribute ->