メインコンテンツまでスキップ
Version: v4

Data Storage in Capacitor

ほとんどのアプリは、ローカルデータの永続化と読み込みが必要です。特定のユースケースに応じて、いくつかのアプローチを取ることができます。

ローカルデータの暗号化が必要ですか?IonicはCapacitorアプリのために、認証、生体認証、セキュアストレージを含む箱入りのセキュリティスイートを提供します。 詳しくはこちら

なぜLocalStorageやIndexedDBを使うことができないのでしょうか?

Capacitorアプリは主にWebビューまたはブラウザで実行されるため、Capacitor開発者はストレージ用のWeb APIを使用できます。ただし、これらのAPIには留意すべき大きな注意点があります。

ローカルストレージは、ユーザーIDのような少量の一時的なデータに使用できますが、「transient_」と見なされる必要があります。つまり、アプリはデータが最終的に失われることを予期する必要があるのです。これは、デバイスの空き容量が少なくなると、OS が Web View からローカル ストレージを再要求するためです。同じことが少なくとも iOS の IndexedDB にも言えます(Android では、IndexedDB を persisted としてマークするために persisted storage API が利用可能です)。ブラウザで データストレージの退避ポリシー の詳細を読む。

Capacitor プリファレンス API

Capacitorにはネイティブの Preferences API があり、上記の立ち退き問題を回避できますが、これは少量のデータ向けのものです。

Preferences APIはシンプルなキー/バリューAPIを提供し、高度なクエリサポートはありません。

import { Preferences } from '@capacitor/preferences';

// JSON "set" example
async setObject() {
await Preferences.set({
key: 'user',
value: JSON.stringify({
id: 1,
name: 'Max'
})
});
}

// JSON "get" example
async getObject() {
const ret = await Preferences.get({ key: 'user' });
const user = JSON.parse(ret.value);
}

大容量データまたは高性能ストレージの選択肢

大量のデータを保存し、高いパフォーマンスでアクセスするためには、いくつかのオプションがあります。

最も広くサポートされているオプションは SQLite です。Capacitor で動作するコミュニティ製の SQLite プラグインが多数あり、 capacitor-sqlitecordova-plugin-sqlite などがあります。

Capacitor チームは、暗号化をサポートし、デバイス上の 安全な鍵管理 API と統合した エンタープライズ SQLite ストレージソリューション も提供しています。