See how Capacitor fits into the entire Ionic Ecosystem ->
Capacitor is part of the Ionic Ecosystem ->

PWA Elements

CameraToast などの一部のCapacitorプラグインでは、ネイティブで実行していない場合でもWebベースのUIを使用できます。​たとえば、 Camera.getPhoto () を呼び出すと、Web上での実行時に、応答性の高い写真撮影エクスペリエンスがロードされます。

​このUIは、Webコンポーネントを使用して実装されます。​Shadow DOMの魔法により、これらのコンポーネントはあなたのプロジェクトに競合しません。 ​独自のUIを使用します。

インストール

​これらのコントロールを有効にするには、 @ionic/pwa-elements をあなたのアプリに追加する必要があります。

​通常のインストールでは、パッケージをインポートして要素を登録するか、アプリケーションの index.html<head> にscriptタグを追加します:

PWA Elementsのインポート

npm install @ionic/pwa-elements

​次に、選択したフレームワークに応じて、 element loader をインポートし、適切なタイミングで呼び出します:

React

index.tsx or index.js:

import { defineCustomElements } from '@ionic/pwa-elements/loader';

ReactDOM.render(<App />, document.getElementById('root'));

// Call the element loader after the app has been rendered the first time
defineCustomElements(window);

Angular

main.ts:

import { enableProdMode } from '@angular/core';
import { platformBrowserDynamic } from '@angular/platform-browser-dynamic';

import { AppModule } from './app/app.module';
import { environment } from './environments/environment';

import { defineCustomElements } from '@ionic/pwa-elements/loader';

if (environment.production) {
  enableProdMode();
}

platformBrowserDynamic()
  .bootstrapModule(AppModule)
  .catch(err => console.log(err));

// Call the element loader after the platform has been bootstrapped
defineCustomElements(window);

scriptタグを利用した読み込み

PWA Elementsは、 index.html のscriptタグを通じて含めることができます。​ただし、これはオフラインのシナリオでは機能しないことに注意してください。

<script
  type="module"
  src="https://unpkg.com/@ionic/pwa-elements@latest/dist/ionicpwaelements/ionicpwaelements.esm.js"
></script>
<script
  nomodule
  src="https://unpkg.com/@ionic/pwa-elements@latest/dist/ionicpwaelements/ionicpwaelements.js"
></script>
Previous
<- はじめ方
Next
Config ->
Contribute ->