A one day, single-track online event celebrating the future of cross-platform app development

DocsプラグインCLI

Capacitor Android ドキュメンテーション

Capacitor は Native の Android ランタイムを特徴としており、開発者は JavaScript と Native Java for Android コード間で通信することができます。

Capacitor の Android アプリは、Android Studio で設定・管理されています。

Android サポート

API 21+(Android 5 以降)に対応しており、 Android 市場の 95%以上を占めています 。Capacitor は、Chrome バージョン 60 以降の Android WebView が必要です。Android 5 および 6 の場合、Capacitor は Android System WebView を使用します。Android 7 以上では、Google Chrome を使用します。

Android プラットフォームの追加

まず、@capacitor/androidパッケージをインストールします。

npm install @capacitor/android

そして Androi プラットフォームを追加します。

npx cap add android

Android プロジェクトのオープン

Android Studio でプロジェクトを開くには、次のように実行します:

npx cap open android

あるいは、Android Studio を開いて、 android/ ディレクトリを Android Studio プロジェクトとしてインポートすることもできます。

アプリの実行

作成したアプリは、コマンドラインまたは Android Studio で実行することができます。

Android エミュレータを使用するには、API 24+のシステムイメージを使用する必要があります。エミュレータでは、System WebView は自動的に更新されません。物理デバイスの場合は、システム WebView が更新されていれば、API 21 以下で動作します。

コマンドラインでの実行

物理デバイスやエミュレータでプロジェクトを実行するには、次のように実行します:

npx cap run android

コマンドを実行すると、ターゲットを選択するように促されます。詳しくは run をご覧ください。

Android Studio での実行

Android Studio では、まずデバイスやエミュレータを選択し、実行またはデバッグボタンをクリックしてアプリを実行します。Java や Kotlin のコードをデバッグするのでなければ、実行ボタンが好ましいでしょう。

Running App

トラブルシューティング

使い始めてすぐに何か問題が発生した場合は、 Android トラブルシューティングガイド を参考にしてください。お困りの方は、お気軽に ディスカッションを開いて までご連絡ください。

次のステップ

アプリが動作すれば、アプリの開発と構築を続ける準備が整いました。様々な API、Capacitor や Cordova のプラグイン、またはカスタムネイティブコードを使用して、アプリの残りの部分を構築してください。

Further Reading

アプリのパーミッションの設定、依存関係の更新、プラグインの構築などの詳細については、以下の Android 固有のガイドを参照してください。

Android の設定とパーミッションの設定 ›

Android 用のネイティブプラグインを作る ›

Previous
<- トラブルシューティング
Next
設定 ->
Contribute ->