Ionic Launch Event. September 28th 2021.

DocsプラグインCLI

カスタム ViewController

Capacitor 3.0 では、アプリケーション内で CAPBridgeViewController をサブクラス化できるようになりました。ほとんどのアプリケーションはこの機能を必要としませんが、いくつかの特殊なユースケースに対応するためのメカニズムがサポートされています。

サブクラスを作成する場合

サブクラス化が必要になる例としては、実行時に Capacitor の設定値をオーバーライドしたり、 WKWebViewConfiguration のプロパティを変更したり、Capacitor が使用するために WKWebView のカスタムサブクラスをサブクラス化したり、 viewDidLoad() にコードを追加することを提案するサードパーティの SDK を統合したり、画面に表示される前のネイティブビューを操作したりする場合があります。

カスタムサブクラスを作成する必要がある場合は、いくつかの手順があります。

Create MyViewController.swift

First, create a MyViewController.swift file by opening Xcode, right-clicking on the App group (under the App target), selecting New File… from the context menu, choosing Cocoa Touch Class in the window, set the Subclass of: to UIViewController in the next screen, and save the file.

New ViewController in XcodeName ViewController in Xcode

Edit Main.storyboard

Next, select the Main.storyboard file in the Project Navigator, select the Bridge View Controller in the Bridge View Controller Scene, select the Identity Inspector on the right, and change the name of the custom class to MyViewController.

Editing Storyboard in Xcode

Edit MyViewController.swift

Finally, select the MyViewController.swift file in the Project Navigator and edit it to import Capacitor and change the parent class:

import UIKit
import Capacitor

class MyViewController: CAPBridgeViewController {
    // additional code
}

You’re done!

Next Steps

Xcode should have already created a viewDidLoad() method for you when it generated the file but look over the inline documentation in CAPBridgeViewController to find the Capacitor-specific methods you might need. Anything marked open is explicitly exposed for subclasses to override.

Previous
<- App Store へのデプロイ
Next
トラブルシューティング ->
Contribute ->