Ionic Launch Event. September 28th 2021.

DocsプラグインCLI

環境設定

Capacitor には、対象とするプラットフォームや開発する OS に応じて、いくつかの依存関係があります。

要件

始めるためには、少なくとも NodeJS 12 LTS 以降が必要となります。特定のプラットフォームについては、以下の各ガイドに従って、正しい依存関係がインストールされていることを確認してください。

iOS 開発

iOS アプリを作るには、macOSが必要です。また、 Xcode をダウンロードしてセットアップする必要があります。

Ionic Appflow を使うと、Mac を持っていない場合でも iOS のクラウドビルドを行うことができます。

CocoaPods

iOS 用の Capacitor パッケージを管理するためのCocoaPodsをインストールします。

sudo gem install cocoapods

Xcode コマンドラインツール

Xcode Command Line Tools をインストールするには、 Xcode -> Preferences -> Locations を開き、ドロップダウンで最新バージョンを選択します。

Xcode locations preferences

Android 開発

Android アプリを作るためには、Android Studio をダウンロードして、セットアップする必要があります。

Android SDK

Android アプリを開発するには、いくつかの Android SDK パッケージをインストールする必要があります。Android SDK Tools と、API 21 以上のバージョンの Android SDK Platforms がインストールされていることを確認してください。

Android Studio のメニューから Tools -> SDK Manager を開き、 SDK Platforms タブで、テストしたいプラットフォームのバージョンをインストールします。

SDK Platforms

SDK Tools タブでは、少なくとも以下のものをインストールしてください。

  • Android SDK Build-Tools
  • Android SDK Command-line Tools
  • Android Emulator
  • Android SDK Platform-Tools
SDK Tools
Previous
<- はじめに
Next
インストール ->
Contribute ->