Ionic Launch Event. September 28th 2021.

DocsプラグインCLI

Capacitor Web API

Capacitor には、同じコードベースで複数のプラットフォームにまたがってアプリケーションを正常に動作させるために役立つ、いくつかの JavaScript ユーティリティがあります。これらを使用するには、Capacitor をインポートし、必要なユーティリティー関数を呼び出します:

Capacitor Object

Capacitor オブジェクトは、いくつかのユーティリティー関数のコンテナです。このオブジェクトは window.Capacitor で利用できますが、最近の JavaScript アプリでは、Capacitor をインポートするのが望ましい使い方です:

import { Capacitor } from '@capacitor/core';

convertFileSrc(…)

convertFileSrc: (filePath: string) => string;

デバイスのファイルパスを Web View に適したパスに変換します。

コンデンサアプリは、デバイスファイルとは異なるプロトコルで提供されます。これらのプロトコル間の問題を避けるために、デバイスファイルのパスを書き換える必要があります。例えば、Android の場合、 file:///path/to/device/file は、Web View で使用する前に、 http://localhost/_capacitor_file_/path/to/device/file に書き換える必要があります。

// file:///path/to/device/photo.jpg
const savedPhotoFile = await Filesystem.writeFile({
  path: "myFile.jpg",
  data: base64Data,
  directory: FilesystemDirectory.Data
});

// http://localhost/path/to/device/photo.jpg
const savedPhoto = Capacitor.convertFileSrc(savedPhotoFile.uri),
document.getElementById("savedPhoto").src = savedPhoto;
<img id="savedPhoto" />

getPlatform()

getPlatform: () => string;

アプリが現在動作しているプラットフォームの名前を取得します。 web, ios, android.

if (Capacitor.getPlatform() === 'ios') {
  // do something
}

isNativePlatform()

isNativePlatform: () => boolean;

現在動作しているプラットフォームがネイティブ(ios, android)であるかどうかをチェックします。

if (Capacitor.isNativePlatform()) {
  // do something
}

isPluginAvailable(…)

isPluginAvailable: (name: string) => boolean;

現在稼働中のプラットフォームでプラグインが利用可能かどうかを確認します。プラグイン名はプラグインレジストリで使用されるため、カスタムプラグインでも動作します。

const isAvailable = Capacitor.isPluginAvailable('Camera');

if (!isAvailable) {
  // Have the user upload a file instead
} else {
  // Otherwise, make the call:
  const image = await Camera.getPhoto({
    resultType: CameraResultType.Uri,
  });
}
Contribute ->